Click here to see the English version.
(Now not available.)

MutationView Java Versionアプリケーションブロックの対処方法(日本語版)

概要

2014年1月リリースのJava 7 Update 51より、Javaのセキュリティ設定が厳しくなり、MutationView Javaバージョンがブロックされ起動できない現象が生じます(下の図参照)。 この現象は、Javaコントロールパネルにおいて例外サイト・リストを設定することで回避することができます。


対処方法

1. Javaコントロールパネルを開きます。

(Windowsの場合)
[スタート]→[コントロールパネル]→[プログラム]→[Java]

(Mac OS Xの場合)
画面左上のAppletアイコン→[システム環境設定]→Javaアイコン


2. [セキュリティ]タブを選択し、[サイト・リストの編集]をクリックします。


3. [例外サイト・リスト]ウィンドウで[追加]をクリックします。


4. [場所]フィールドの下の空のフィールドをクリックしてMutationViewのURL(http://mutview.dmb.med.keio.ac.jp)を入力します。 [OK]をクリックして入力したURLを保存します。


5. [セキュリティ: 警告]ダイアログで、[続行]をクリックします。


6. [例外サイト・リスト]にMutationViewのURL(http://mutview.dmb.med.keio.ac.jp)が追加されたことを確認し、[OK]をクリックします。


7. 再度MutationViewを起動すると以下のメッセージが表示されるので、[実行]ボタンをクリックします。